2016年10月28日金曜日

【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス


スポンサードリンク

10月24日、大阪府寝屋川市にある淀川河川公園・大間(たいま)地区コスモスの花を見に行ってきました。

コスモス(Cosmos)・・・別名アキザクラ(秋桜)・・・
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス

【淀川河川公園 太間(たいま)地区・木屋元(こやもと)地区 案内図】
淀川河川公園 太間(たいま)地区・木屋元(こやもと)地区 案内図淀川河川公園 太間(たいま)地区・木屋元(こやもと)地区 案内図 バーベキュー指定区域
※バーベキュー指定区域・・・コスモスが咲いているエリアのすぐそばでもバーベキューができるようです・・・

【アクセス】
京阪寝屋川市駅より京阪バス(太間公園行)「太間公園」下車徒歩5分
京阪香里園駅から徒歩約28分(2.2km)
★自動車:国道1号線木屋西交差点より淀川に向かって堤防上を下流へ。無料駐車場(217台)



↓駐車場のすぐ横にある遊歩道沿いが、ピンク色に染まっているのがわかるでしょうか?・・・(写真の中央付近)・・・このあたりが一番勢いよく咲いていて見頃でした・・・ただ、ここ以外の場所はまばらにしか咲いていなくて、全体としてはいまいちコスモスの量が少なく、物足りなさを感じました・・・
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
淀川河川公園・太間地区のコスモス


スポンサードリンク





爽やかな秋晴れとコスモスの花・・・
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス
【大阪府寝屋川市】淀川河川公園・太間地区のコスモス


スポンサードリンク

2016年10月25日火曜日

【大阪府四條畷市】和田賢秀公墓


スポンサードリンク

和田賢秀(にぎたけんしゅう)は、南北朝時代の武将(楠正行の家臣、従兄弟)。名は「かたひで」とも読まれ、また源秀(げんしゅう)とも記される。四條畷市の墓所石碑には、正面に『和田源秀戦死墓』と刻まれている。
和田賢秀 - Wikipedia

【大阪府四條畷市】和田賢秀公墓

和田賢秀公墓
このお墓は正平三年一月五日、楠正行公が、四條畷で敵将高師直の大軍と戦い討死にされた時、共に戦われた和田賢秀公の墓です。
賢秀は源秀(げんしゅう)ともいわれ、正行公とは従兄であり、歴戦の勇将で新発意ともいい、伝説によると賢秀公討死の際、敵の首に噛み付き睨んで放さず敵はそれが因(もと)で死んだ。以来、土地の人は賢秀公の霊を歯噛(神)様として祀っている。
楠木正行 - Wikipedia

和田賢秀公墓 説明看板

★ブログ内関連記事
【大阪府四條畷市】小楠公御墓所の楠(クスノキ)
【大阪府四條畷市】四條畷神社

【アクセス】
JR学研都市線『四条畷駅』下車北東へ徒歩10分
コミュニティバス・京阪バス・近鉄バス『塚脇停留所』下車すぐ



JR四条畷駅から北東へ徒歩400mの地点にあるこちらの交差点を北の方角(左方向)へ約350m進むと『和田賢秀公墓』があります・・・↓ ※ちなみに鳥居をくぐって、まっすぐ東の方角へ進むと四條畷神社があります・・・
別格官幣社 四條畷神社 鳥居がある交差点


スポンサードリンク





忠烈(ちゅうれつ)の意味・・・きわめて忠義心の厚いこと。
和田賢秀公墓

和田賢秀墓地です・・・
和田賢秀公墓

天保二年(1831年)につくられた位牌型の墓石には『和田源秀戦死墓』と刻まれています・・・傍らには、大きな楠(クスノキ)がそびえたっております。
和田賢秀公墓 墓石と楠
縦に横に斜めに・・・うねりながら広がっていく楠の枝ぶりがとても力強く・・・神秘的です・・・
和田賢秀公墓 楠(クスノキ)和田賢秀公墓 楠(クスノキ)
推薦銘木 楠 四條畷市みどりと花の会 四條畷市
和田賢秀公墓
和田賢秀公墓和田賢秀公墓


スポンサードリンク

2016年10月21日金曜日

【大阪府四條畷市】小楠公御墓所の楠(クスノキ)


スポンサードリンク

小楠公御墓所(しょうなんこうごぼしょ)は、大阪府四條畷市にある南北朝時代の南朝の将、楠木正行(くすのき まさつら)のお墓。
傍らには樹齢約587年以上といわれている幹まわりが約12メートルにも及ぶ楠(クスノキ)が植えられています。
大樹を誇る「小楠公の楠」は四條畷八景のひとつ、大阪府の天然記念物にも指定されています。小楠公御墓所 - Wikipedia

小楠公御墓所

楠木正行 - Wikipedia
楠木正行(くすのきまさつら)は、楠木正成(まさしげ)の嫡男(ちゃくなん)。南北朝時代、南朝の将として足利軍と戦い、四條畷の合戦で敗死した。
※父の楠木正成が大楠公(だいなんこう)と呼ばれるのに対して、嫡男の楠木正行は小楠公(しょうなんこう)と呼ばれる。
四條畷の戦い - Wikipedia

★ブログ内関連記事
【大阪府四條畷市】四條畷神社
【大阪府四條畷市】和田賢秀公墓

小楠公御墓所の楠
小楠公御墓所の楠
小楠公御墓所の楠
小楠公御墓所の楠

【アクセス】
所在地:大阪府四條畷市雁屋南町27-5
JR学研都市線『四条畷駅』下車 北西へ約600m(徒歩約7分)



JR四条畷駅から北西へ徒歩7分(約600m)、楠公通り商店街を西へ抜けたところ・・・人通りが多い道路に面した場所に『小楠公御墓所』はあります。
楠木正行公御墓所


スポンサードリンク





くすの木の こもれ日あびる 小楠公
樹齢587年。巨龍昇天のうねりに似た神木。幹の廻り12メートル以上。
石碑は7メートル50。明治十一年一月五日に建碑式を挙行。楠の木は、府指定天然記念物。墓地は、府指定史跡。
くすの木の こもれ日あびる 小楠公
小楠公御墓所 百度石
小楠公御墓所
小楠公御墓所


スポンサードリンク

2016年10月18日火曜日

【大阪府四條畷市】四條畷神社


スポンサードリンク

四條畷神社(しじょうなわてじんじゃ)は、大阪府四條畷市、飯盛山の西山麓に鎮座する神社。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。
四條畷神社 - Wikipedia
建武中興十五社 - Wikipedia
※建武中興十五社(けんむちゅうこうじゅうごしゃ)とは、建武中興(建武の新政)に尽力した南朝側の皇族・武将などを主祭神とする15の神社である。

四條畷神社 拝殿
四條畷神社 拝殿

御祭神楠木正行公(小楠公)
他、楠木一族の将士24柱を配祀している
楠木正時、楠木正家、楠木正家子息、和田賢秀、和田正朝、和田紀六左衛門、和田紀六左衛門子息、和田紀六左衛門子息、大塚惟久、畠山與三職俊、畠山六郎、野田四郎、野田四郎子息、野田四郎子息、金岸(某)、金岸(某)弟、関住良円、関住良円子息、三輪西阿、三輪西阿子息、河邊石掬丸、譽田(某)、阿間了願、青屋刑部
四條畷神社 御祭神

四條畷神社由緒記
四條畷神社由緒記

楠木正行 - Wikipedia
楠木正行(くすのきまさつら)は、楠木正成(まさしげ)の嫡男(ちゃくなん)。南北朝時代、南朝の将として足利軍と戦い、四條畷の合戦で敗死した。
※父の楠木正成が大楠公(だいなんこう)と呼ばれるのに対して、嫡男の楠木正行は小楠公(しょうなんこう)と呼ばれる。
楠木正成 - Wikipedia

【アクセス】
所在地:大阪府四條畷市南野2丁目18番1号
JR学研都市線『四条畷駅』から徒歩約14分。



JR四条畷駅から北東へ・・・徒歩約0.4kmの地点(交差点)に大きくて立派な鳥居があります・・・↓『別格官幣社 四條畷神社』
別格官幣社 四條畷神社 鳥居

★ここから四條畷神社まで0.6km、室池まで3.9km 蟹ヶ坂ハイキングコース 権現川ハイキングコース
・・・左の写真に写っている横断歩道のある道路は、東高野街道(170号線)です・・・四條畷神社まで0.6km、室池まで3.9km 案内別格官幣社 四條畷神社 鳥居

まっすぐ飯盛山麓にある四條畷神社まで参道が続きます・・・↓
四條畷神社まで続く参道

10月中旬の飯盛山(いいもりやま)です・・・↓(紅葉はまだ先のようです・・・)飯盛山 (生駒山地) - Wikipedia
飯盛山(いいもりやま)
閑静な佇まいの住宅街・・・途中、参道の脇の花壇にカンナとキバナコスモスが咲いておりました・・・↓
赤いカンナキバナコスモス

到着しました。 JR四条畷駅から徒歩わずか十数分・・・
四條畷神社 茶屋宿・伊勢屋
(↑・・・写真の左側に写っている情緒ある建物は『茶屋宿・伊勢屋』さんです・・・


スポンサードリンク




★四條畷市ハイキングコース案内図 (ちょっと大雑把すぎてわかりづらい地図ですが・・・↓室池園地まで3.3km・・・)
四條畷市ハイキングコース案内図


スポンサードリンク

2016年10月8日土曜日

【大阪府守口市】佐太天神宮の森(大阪みどりの百選)


スポンサードリンク

佐太天神宮(さたてんじんぐう)は、大阪府守口市佐太中町に鎮座する神社。御祭神は、学問の神様である菅原道真公です。
千年の歴史をもつ由緒ある社で、境内には≪百を越える大木で構成された樹林(社叢林)≫があり、『大阪みどりの百選』に選定されています。菅公聖蹟二十五拝第9番。
大阪みどりの百選 - Wikipedia
菅公聖蹟二十五拝 - Wikipedia

佐太天神宮 拝殿
佐太天神宮の森 子宝の樹

【佐太天神宮 由緒】
佐太天神宮 由緒

この神社は、菅原道真公が左遷で大宰府へ流される途中、荘園であった当地に滞在された時、自作の木像や自画像を残されたと伝えられます。

【アクセス】
所在地: 〒570-0002 大阪府守口市佐太中町7丁目16-25
※無料駐車場があります。
京阪バス「佐太天神前」停留所・下車、徒歩7分
京阪バス「仁和寺」停留所・下車、徒歩10分



佐太天神宮は、車でアクセスしやすい京阪国道(国道1号線)沿いに鎮座しています・・・↓ ※無料の駐車場があります・・・
佐太天神宮 鳥居 国道1号線

鳥居です・・・↓
佐太天神宮 鳥居

拝殿までまっすぐ続く、とても印象的な参道です・・・↓
佐太天神宮 参道

この参道の左手にちょっとした林のようなスペースがあって、そこに
ベンチ(?)や境内社が並んでおりました・・・↓
佐太天神宮 参道 石のベンチ?

御旅所(おたびしょ)です・・・↓ 御旅所 - Wikipedia
佐太天神宮 御旅所

この御旅所(おたびしょ)付近の地面に、たくさんの木の実?が落ちているの見つけました・・・↓
イヌマキの実
赤や黄色、青に緑・・・とても綺麗でカラフルな色合いです・・・最初見たとき、お菓子のグミが落ちているのかと思いました・・・↓
イヌマキの実イヌマキの実


スポンサードリンク

Blog Archive

Check these out!