2022年5月13日金曜日

【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)


スポンサードリンク

晩春、4月19日・・・ 
大阪府寝屋川市にある打上川治水緑地(うちあげがわちすいりょくち)へ 
牡丹桜(八重桜)を見に行ってきました。
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
打上川治水緑地は、
大洪水が起こった際に寝屋川と打上川の両河川の流量を調整するために、大阪府がつくった施設・都市公園です。
普段は、地元市民をはじめ多くの訪問者の憩いの場として利用されています。
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
《芝生広場、せせらぎ、人工池、噴水、野鳥観察看板、桜の通り抜け、四季折々のお花見スポット、ウォーキングコース、ドッグラン》
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地 案内板
総面積:13.3ha 
洪水調節量:35㎥/秒 
貯留量:27万㎥ 
※↑寝屋川市に伝わるお伽草子「鉢かづき姫」をモチーフにした石造案内板です。
   

打上川治水緑地の南側の一角に(知る人ぞ知る)牡丹桜の咲くエリアがあります・・・
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)

【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
ふと、
打上川治水緑地の牡丹桜を見ていて気付いたのですが・・・ 
太陽の光を全身で浴びようとしているのか?→ 葉っぱ花の上側に常について広がっていて 
花自体にはあまり光が当たらないような状態になっています・・・↓
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
大きな鞠のような花は、きまってどれも地面の方を向いていて・・・ 

木の下に潜り込んで観察する分には美しいのですが ・・・

遠目から眺めるとイマイチな景観?(ピンク色の花が緑の葉っぱの傘に隠れて)
色が華やかじゃないというか なんとも地味な風景に見えます・・・↓
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
(↑下から眺めると鮮やかなピンク色があらわれて、とても華やか♪)

これはたまたま訪れた時期(時間帯)にこういう風な状態になっていただけなのか?
品種によってここの牡丹桜だけがそうなのか? 詳しいことはちょっとわかりません・・・ 

ただ、 木の下に潜り込むことで、垂れ下がった柔らかい花弁たちにも触れることができますし・・・ソメイヨシノとはまた違う
こうした接近系の花見の方法(牡丹桜ならではの醍醐味)が愉しめてとても良いなと思いました。
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)
打上川治水緑地では、
牡丹桜が終わった頃に→その下に植えてあるバラの花たち(バラ園)が華やかに咲き誇るという 
『四季折々の花見・・・リレーシステム』になっているようです・・・ 

『ソメイヨシノ・桜→牡丹桜→バラ→アジサイ・スイレン→桜・カエデ・メタセコイアの紅葉・ススキ→』
みたいな感じです・・・
(四季の移り変わりをひと目で感じ取ることができる貴重な自然公園になっています)
【寝屋川市】打上川治水緑地の牡丹桜(4月中旬~下旬に見頃)



【アクセス】 
所在地: 〒572-0840 大阪府寝屋川市太秦桜が丘25 
京阪本線・寝屋川市駅から徒歩約20分 
有料駐車場あり 利用台数:153台(内4台車いす用駐車場)

(写真撮影:2022年4月19日)

スポンサードリンク

2022年5月10日火曜日

【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台


スポンサードリンク

春・・・4月下旬、 
大阪府枚方市の東部・国見山(くにみやま)の麓にある津田サイエンスヒルズ(科学技術の発展と産業の振興を目的とする関西文化学術研究都市)展望台へ行ってきました。
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
ここ・・・です。
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
津田サイエンスヒルズの展望台の出入口・・・↓
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
スロープを登った先には、
コンビニエンスストア3~4つ分?くらいの(空き地)展望スペースがありました・・・
※隅っこにベンチとテーブルが1セットある以外に特に何かがあるというわけではありませんでした・・・・
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
火気厳禁・バーベキュー禁止です・・・↓
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
《津田サイエンスヒルズの展望台からの眺め》
展望台自体は綺麗に整備された公園みたいな感じで・・・
周囲の新緑の山々の雰囲気もとても良かったのですが・・・ 
肝心の『眺め』はそれほどは良くないのかな?と思ってしまいました。 

京都方面へ抜ける空間、展望はなかなかのものがありました・・・
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
が、しかし・・・ 高槻茨木市方面や・・・↓
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
大阪市街地方面の眺望が・・・ 建物や山等に視界が遮られていて・・・
正直微妙な感じだなと思いました。
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
展望台広場の山側の端にハイキングコースのような道がありました・・・↓
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
とりあえず、登ってみることに・・・↓
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
もしかしたら、この先に『別のもっと見晴らしの良い展望所』があるかもしれない?・・・ なんて期待を抱きながら・・・
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
7分ほどかけてベンチのある場所まで進んできたわけですが・・・↓
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
とくにそれらしい展望所スペースに到着することもなく・・・ただ、登りの道が続くだけ・・・途中で木々の間から垣間見れる眺望もたいして良くありませんでした💦
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台
この日は、飲み水の入ったペットボトルを持ってくるのを忘れてしまったということもあり、
ここで引き返すことにしました。 

※帰り道、 ベンチ付近で出会った木登り上手な津田山の『ニホントカゲ』です・・・↓
【枚方市】津田サイエンスヒルズの展望台 トカゲ
春が訪れ・・・
山中でも沢山の生命体がまた活動をし始め出したようです。
 


■津田サイエンスヒルズの展望台から南西へ徒歩約5分の場所に 
この『津田山案内図』のマップ案内板があります・・・↓
津田サイエンスヒルズ 津田山案内図
この案内板の脇には国見山(くにみやま)へと続く 登山道・ハイキングコースが・・・
国見山(くにみやま)へと続く 登山道・ハイキングコース
位置関係でいうとこんな感じ・・・↓(現在地の左上・・・) のある場所津田サイエンスヒルズの展望台があります。
津田サイエンスヒルズ 津田山案内図
津田サイエンスヒルズ 津田山案内図
【枚方市】津田サイエンスヒルズ



《おまけ》 
津田サイエンスヒルズの展望台から徒歩約8分の場所にある・・・ 
春の『空見の丘公園』(2022年4月28日)です。
津田サイエンスヒルズ 春の『空見の丘公園』
津田サイエンスヒルズ 春の『空見の丘公園』
名物?のサツキ?ツツジ?が見事に美しく咲き誇っておりました。
津田サイエンスヒルズ 春の『空見の丘公園』
津田サイエンスヒルズ 春の『空見の丘公園』
津田サイエンスヒルズ 春の『空見の丘公園』
4月下旬でここまで綺麗に開花しているということはサツキではなくツツジじゃないか?という気も一瞬しましたが・・・ 
(でも今年はわりと寒い=例年と違う異常気象ですし・・・なかなか判断がつきません・・・)
一応、雄しべは5本以上あるようにも見えます・・・↓
津田サイエンスヒルズ 春の『空見の丘公園』
津田サイエンスヒルズ 春の『空見の丘公園』
私が葉っぱを触って最終確認をしてくればよかったのですが、完全にそのことを忘れてしまっていたので、
いまだに結局ツツジなのかサツキなのかなんとも言えない状態です💦
(葉っぱがやわらかければツツジ、硬ければサツキだそうです)

いずれにせよ美しい光景が広がっておりました・・・
 


【アクセス】 
■所在地:大阪府枚方市津田山手2丁目 
■学研都市線JR『津田駅』から東方向へ約2.4㎞、徒歩約34分

 ☆のマークの場所にあります。
津田サイエンスヒルズ 津田山案内図
■近畿自然歩道
津田サイエンスヒルズ 近畿自然歩道
(↑JR津田駅からのおおまかなルート)
 

津田サイエンスヒルズの展望台は、
京阪バス・森下仁丹前下車、↓この画像のつきあたりを
左へ徒歩約3分の場所にあります。
津田サイエンスヒルズ 京阪バス・森下仁丹前
ちなみに・・・↑
この画像の突き当りを右へ進むと、津田山の案内板&国見山へ続く登山道があります・・・

(写真撮影:2022年4月下旬)

スポンサードリンク

2022年1月26日水曜日

【大阪市都島区】都島由来記(みやこじまゆらいき)


スポンサードリンク

大阪市都島区、
毛馬桜之宮公園内にある
 『都島由来記』(みやこじまゆらいき)のモニュメントです。
【大阪市都島区】都島由来記(みやこじまゆらいき)
☆都島区一帯の地は古墳時代中期以降、主に淀川の三角州の発達によって形成されました。
当地に人が住み始めたのは平安時代の頃からです。 
区名は1943(昭和18)年4月1日に区が誕生したとき、1889(明治22)年の市町村制施行時に新村名として 採用された名称を継承したものです。

 「都島」の地名は 応神天皇の大隅宮(おおすみのみや)や孝徳天皇の長柄豊碕宮(ながらのとよさきのみや)が淀川を隔てた 対岸辺りにあったと想定し、これらの宮の近くであるところから 生まれた、あるいはこれらの都に向き合う島という意味の「都向島(みやこじま)」が転化したものと考えられています。

 《桜之宮公園 案内MAP》
桜之宮公園 案内MAP
《桜之宮公園 周辺史跡等のご案内》
桜之宮公園 周辺史跡等のご案内
《桜之宮公園と大川》
桜之宮公園 大川


この『都島由来記』・・・どことなく雰囲気が 映画『2001年宇宙の旅』のモノリスっぽい感じがします・・・↓
【大阪市都島区】都島由来記(みやこじまゆらいき)
(Monument of Miyakojima's History )

モニュメントの正面(北側)には・・・ブランコがあって・・・ ↓
桜宮橋(通称:銀橋)があって・・・ 
ドン・キホーテ桜ノ宮店があります・・・↓
ドン・キホーテ桜ノ宮店
ドン・キホーテ桜ノ宮店


春・桜のお花見シーズン・・・(2016年頃の写真です・・・↓)
桜之宮公園 桜のお花見シーズン
この時期の 『都島由来記』(なにわのモノリス)ベンチと化すようです・・・↓
桜之宮公園 桜のお花見シーズン 都島由来記


【アクセス】
〒534-0026 大阪府大阪市都島区網島町11 
(毛馬桜之宮公園内) 
JR大阪城北詰から徒歩約7分(約500m) 
JR京橋駅から徒歩約8分(約650m)


(写真撮影:2016年ごろ)

スポンサードリンク

2022年1月17日月曜日

【大阪府大東市】堂山古墳群(どうやまこふんぐん)史跡広場


スポンサードリンク

『堂山古墳群(どうやまこふんぐん)』 
大阪府大東市、 
JR野崎駅から東南東へ(東高野街道を経て)徒歩約17分(約1.4㎞)の場所・・・ 
飯盛山地西方の尾根に5世紀~7世紀中頃にわたって築造された、8基からなる古墳群です。
入場料:無料 
開場時間:(4月~10月)午前8時30分~午後6時      
     (11月~翌年3月)午前8時30分~午後5時 
休場日:12月29日~翌年1月3日 
     (ご注意:荒天や日没のときは閉場となります。)
【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場
『大東市立堂山古墳群史跡広場』
【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場 解説板
堂山古墳群パンフレットによりますと・・・
ここ『堂山』(標高約80~100m)には「金の鶏がこの山に埋まっていて正月の朝に鳴く」という伝承が残さているそうです。
【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場
【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場
堂山7号墳です・・・↓
堂山古墳群史跡広場 堂山7号墳
堂山3号墳です・・・↓(解説板の写真を撮り忘れました💦) 
3号墳四柱式陶棺
堂山古墳群史跡広場 堂山3号墳
(↑・・・3号墳出土の陶棺は、大阪府北部の千里・桜井谷窯跡群との関連があるそうです・・・) 

 堂山4号墳です・・・↓
堂山古墳群史跡広場 堂山4号墳
堂山6号墳です・・・↓
堂山古墳群史跡広場 堂山6号墳
【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場
堂山5号墳です・・・↓
堂山古墳群史跡広場 堂山5号墳
堂山2号墳です・・・↓
堂山古墳群史跡広場 堂山2号墳
堂山古墳群の2号墳=最頂部からの眺望です・・・↓
堂山古墳群の2号墳=最頂部からの眺望
(↑右の中央辺りに深北緑地が見えます・・・) 

大阪平野が見渡せます・・・↓絶景!
大阪のビル群、あべのハルカスも見えます・・・ 大昔(この古墳が作られた時代)このあたり一帯が、 『河内湾』という海だったと考えるととても感慨深いです・・・
堂山古墳群の2号墳=最頂部からの眺望
堂山古墳群の2号墳=最頂部からの眺望
堂山古墳群の2号墳=最頂部からの眺望
堂山古墳群の2号墳=最頂部からの眺望



この階段下って一番低い場所(西方に張り出す尾根の先端部)にある「堂山1号墳」を目指します・・・↓
【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場
堂山古墳群には 妙に人懐っこい?トンボたちがたくさんいました・・・↓
堂山古墳群史跡広場 トンボ
わざわざ私の頭上近くを追い越して、私の進行方向に回り込み・目の前にある階段や手すりに止まって羽を休めるトンボたち・・・・ (逃げるのではなく、寄ってくる感じです)
堂山古墳群史跡広場 トンボ(昆虫)
まるでカメラでの撮影を待っているかのようです・・・ 『パシャっ』   

ふと横を見るとカラスもくつろいでいます・・・↓
堂山古墳群史跡広場 カラス
整備された芝生部分を見ると・・・
あちこちで白い蝶々も飛んでいて
 『神妙な太古の歴史遺産』というより、自然公園っぽい・・・妙にのどかな雰囲気がありました・・・
堂山古墳群史跡広場
堂山古墳群史跡広場



堂山1号墳です・・・↓
大量の武器・武具とともに埋葬されていることから 被葬者はこの地域の首長的な人物であったと考えられています。
堂山古墳群史跡広場 堂山1号墳
堂山古墳群史跡広場 堂山1号墳
堂山古墳群史跡広場 堂山1号墳
堂山古墳群史跡広場 堂山1号墳


【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場
再び2号墳(最頂部)へ戻る途中で見かけたバッタです・・・↓
【大阪府大東市】堂山古墳群史跡広場 バッタ



『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース 

 ↓・・・ここを左へ行くと寳塔(ほうとう)神社。 
まっすぐ行くと野崎不動尊(寳頭山不動明王)。 
野崎不動尊の手前を右方向へ行くと・・・↓
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
山の中へ入っていく道(ハイキングコース)があります・・・↓
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
宝頭山・・・山の道・・・
宝頭山 山の道
↑この看板を見て・・・
北條神社(ここから北に約2㎞くらいの場所にある)の『山神』(山を支配する神を祀る山神石。を思い出しました。 

↓ この場所から約700mくらい・・・徒歩約5分で堂山古墳群に着きます(かなり近いです)
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース
『大東市立堂山古墳群史跡広場』までのハイキングコース



【アクセス】 
所在地:大東市寺川4丁目675番1 
JR野崎駅から東南東へ(東高野街道を経て)徒歩約17分(約1.4㎞)の場所・・・

JR野崎駅前にある・・・↓
『飯盛山ハイキング道 案内図』
JR野崎駅前にある 『飯盛山ハイキング道 案内図』


(写真撮影:2021年10月下旬)

スポンサードリンク

Powered By Blogger

Blog Archive

Check these out!